たったの一歩で行ける小さな楽園

様々な草花や花木などの植物を愛でながら庭で過ごすのは、私にとって、とても癒されるひととき。花柄摘みや小枝の剪定、日々庭に起きる変化を観察しつつ「狭い空間を上手に利用するのは、日本人に備わった特技かもしれないなぁ」などと思ったりしています。
自分なりのこだわりや好きなテーマの庭、植物があれば、頑張って遠くへ出かけなくても癒しや開放感を得られるのは嬉しいことですよね。小さなスペースでも植物を植えたら、そこが “マイガーデン” 小さな庭ならではの楽しさが広がります。

dog
  GARDEN TOPICS
  2012年春の庭をUP!
  2012年春の庭_01
  Topic-03 2011年春の庭_02
  Topic-02 2011年春の庭_01
  Topic-01 2010年春の庭
ガーデントップへ
GARDEN
試行錯誤を繰り返しながら作る庭。
ちょっと素敵で居心地のいい場所を造る楽しみと
少しずつの変化や成長
 
ガーデンローズトップへ
GARDEN ROSES
可憐なガーデンローズたちの写真。
育てた品種ごとのデータも順次掲載予定です。
現在約 30 品種を公開中
 
ガーデナー・アイテムへ
MATERIALS
可愛いローズアイコンなど、
オリジナルのフリー素材を中心に
ご紹介します。
 ROSE TOPICS 
公開
準備中
準備中
  Topic-01 つるバラやオールドローズの魅力
Topic-02 難しいバラの分類
Topic-03 バラの花容とブランド名のこと
 
 
     
植物がくれる癒しとパワー

日本人は昔から植物を育てるのが好き、上手な民族だったとか・・・。江戸時代の頃には、武家や一部の富裕層だけでなく、庶民の生活にも趣味としての園芸が根付いていたとも言われています。
当時の庭師たちの技術などはかなり高度なレベルに達していて、特定の日、特定の場所に桜の花を咲かせることができるほどだったそうです。
昔は“庭いじり”、今は“ガーデニング”と呼び方は変わっても、長い間暮らしの中に取り入れられ続け根付いているのは、植物が人の心を豊かにしたり、癒しやパワーを与えてくれるからかもしれませんね。
近頃は何かとストレスも多く、心を病んでしまいがちな時代です。そんな中、暑くても寒くても外に出て、水やりなどの世話をしながら色鮮やかな草花や、木々の緑を見るだけでも、何となく穏やかな心持ちになるもの。
植物たちが心の健康を保つための手助けをしてくれているような気がします。
■左写真/ラ・レーヌ・ヴィクトリア